顔にできるシミは美容整形で確実に消しましょう

女の人

美白効果がある治療

カウンセリング

美白系の治療器

美容整形外科で出来る美肌系の治療には、シミやくすみを消す美白効果、シミやたるみをなくすアンチエイジング効果などがあります。フォトフェイシャルは美容整形外科で普及している美肌治療器のひとつです。IPLというフラッシュ(光)を照射するだけで、顔にできたシミ、そばかす、ニキビ跡などの色素沈着がなくなり、くすみが取れて透明感が出ます。また、フラッシュには真皮層の線維芽細胞を活性化する働きもあります。線維芽細胞の働きが活性化すれば、コラーゲンやエラスチンの生成を促すことも出来ます。照射をしているときの痛みはまったくなく、1ヵ月ごとに定期的に治療を続けることで美肌効果やリフトアップ効果が高くなっていきます。フォトフェイシャルを進化させた最新の美肌治療器のPフェイシャルは、さらに美白効果がパワーアップしています。PフェイシャルではCIPLというフラッシュを使用します。患者のシミの状態、肌質に合わせてエネルギーを設定できるようになっていて、従来のフォトフェイシャルよりも一回でしっかり効果が出やすいようになっています。フォトフェイシャルでは消えにくいシミや肝斑でも、Pフェイシャルなら消すことが出来ます。

併用すると効果的

市販の美白系化粧品は、シミが消せるとしてもわずかに薄くなる程度です。しかし、美容整形外科で治療を受ければ、シミがすっかりなくなるだけではなく、元の肌よりも美しく出来ます。フォトフェイシャルの場合はシミ、そばかす、肝斑、ニキビ跡、小じわ、たるみ、赤ら顔などを一度に改善できます。フラッシュを照射するとシミやそばかすが数日ほどで黒く浮き上がってきます。一ヵ月ほど経過するとかさぶたになり剥がれ落ち、肌色がトーンアップします。美白効果を高めたい場合は、他の治療も併用するのがお勧めです。ケミカルピーリングと高濃度ビタミンCイオン導入は、フォトフェイシャルやPフェイシャルなどの治療と併用すると効果があります。ピーリングをすれば古い角質が剥がれ落ちてターンオーバーが促進されます。そこに高濃度ビタミンCイオン導入をするとさらに美白効果がアップします。美白系の内服薬にはトラネキサム酸やシナールがあります。トラネキサム酸は肝斑に効果的で、シナールはシミやそばかすに効きます。ビタミンAの誘導体であるトレチノインは、代謝が上がってシミが排出される外用薬です。内服薬や外用薬は美容整形外科を受診すれば処方してもらえます。

肌の色素トラブルの治療法

スキンケアする人

効果的にシミを除去したいと考えている方は、美容整形外科でレーザー治療を受けるのがおすすめです。どんな色のシミ・そばかすの治療も可能であり、周囲の肌にダメージを与えることもない、とても安全な治療法です。レーザー治療以外にも、トレチノインなどの塗り薬での治療や、プラセンタ注射での治療も人気があります。

もっと読む

きれいな肌になる対策

頬を触るウーマン

紫外線やホルモンの影響により、肌にシミができやすくなってしまいます。シミができてしまうと、目立たないようにするには簡単ではありません。しかし、美容整形の効果で肌本来の力を引き出してくれるので、自然とシミを消していってくれます。

もっと読む

症状に合った対処を

ドクター

美容整形では様々なシミ治療が用意されていて、効果的なケアが行えます。Qスイッチルビレーザーは人気のある施術であり、Vビームレーザーは赤あざに効きます。外用薬ではトレチノインが一般的です。元々シミのできやすい人は体質やケア方法の改善、徹底した紫外線対策を行うことも重要です。

もっと読む

医療の力で美肌を目指そう

鏡を見る婦人

長時間紫外線を浴びていると、シミがたくさん出てきます。状態を改善するには、美容整形でのレーザー治療を行うのが良いです。費用も高すぎないこともあり、中高年層に人気です。シミを新たに作らないためには、日頃からのスキンケアにも工夫をすることが大事です。

もっと読む