顔にできるシミは美容整形で確実に消しましょう

婦人

症状に合った対処を

ドクター

皮膚科の色々な治療法

シミは一度できてしまうと厄介です。セルフケアではなかなか薄くならず、その間に新たなメラニン色素が生成されるような環境ができてしまうとかえって悪化してしまうこともあります。ですから、シミができてしまって改善の見込みがないのなら、専門医による治療を受けるべきです。美容整形で行われている施術には様々なものがあります。最近ではシミ取りの整形を実際に受ける人も増えていますので、どのような施術なのかを評判で知ることもできますし、ホームページにも詳しく記載されています。どのタイプの治療が適しているのかは診察を受けた時に教えてもらえますので、前知識がなくても大丈夫です。治療の種類としては、Qスイッチルビレーザーが最近では人気があります。レーザーを照射してもメラニン色素を含む細胞だけに反応しますので、周辺の皮膚を傷つけることなく改善されることができます。赤いあざのようなものに対してはVビームレーザーがよく効きます。この施術はニキビ跡にも効果的であり、ヘモグロビンに吸収されるレーザーが用いられています。外用薬を用いる場合、トレチノインが一般的です。トレチノイン治療を行うと古い皮膚が剥がれやすくなりますので、皮膚の再生が進みます。

自宅でもケアを継続

美容整形で行われている治療法はどれも優秀ですので、通って指示通りにするだけでも一定の効果は得られます。それは、整形にシミの種類に合った治療法が適切に選択されるためであり、症状に合わせた治療法がバリエーション豊かに用意されているからです。短い期間でも大きな成果を上げることができるのが専門施設の魅力であり、シミに対する誤った考え方を正すきっかけにもなります。ただし、元々シミができやすい人は体の内側から変えていったり日頃のケア方法や紫外線対策を見直さない限りは、また当たらないシミができてしまいます。紫外線対策では夏場以外は気を抜いてしまう人も多いようですが、実は紫外線は一年中降りそそいでいますので常に対策は必要です。体の内側から変えていくには、栄養のバランスを見直して循環を高める工夫が必要です。自炊をしていなかったりダイエットをしている人は肌細胞の再生に必要な栄養素が十分に摂取できていない可能性がありますので、サプリメントを利用する等の工夫をするべきです。肌ケアでは保湿が足りていない人が多いようです。オイリー肌だと思っていても実は混合肌であったり、過度な乾燥から皮脂分泌が増えているケースもあります。